上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけで第1弾はテイルズシリーズはここから始まった!というわけで(ぇ)テイルズオブファンタジア(以下ToF)なのだ~!( ゜∀゜)
と、言いたい所なんですが、書いてみたら止まらない止まらない(;´д`)
きっと一度に最後までぶっ通しで読んでくれる人は皆無に等しいと思われます。もっと短くまとめられたらねぇ・・・_| ̄|○

ToFはSFC、PS、アドバンスと3つのハードに登場するなど活躍の場が広いです!
自分はSFCとPSの2つでプレイしました。モトキ氏がアドバンスのを買っていたのを一度だけプレイした事あるんですけど、戦闘の動きがものっすごく鈍くなってて・・・アドバンスはそれでやめちゃいました(;´д`)

最初はSFC'Verについて少し・・・
もし、SFCの中で何が一番面白かった?って聞かれたら、間違いなくToFって答えます。マジです。
一番印象に残ってるのはやはりですね。
当時、SFCでテーマソングが入っていて、しかも戦闘中に特技名を喋るという事にかなり驚かされました。
電源を入れると最初にモリスンが「この世に悪があるとすれば、それは人の心だ」というセリフから始まるんですけど、今でも覚えてます。

その後よ~みさんが歌うOPへと・・・もちろんOPも今みたいにムービーが流れるわけではなく、ストーリーの一部分が流れたりしていきます。
さらにマニアっぷりを発揮すると、OPの前奏部分で、戦闘の絵が表示される時にクレスが虎牙破斬を使ったり、サビではレアバードに乗ってる絵だったよとか・・・ハイ、そろそろ次へ進みます(つД`)

ストーリー
自分達の世界のマナが奪われるのを防ぐため、戦う事を決意するクレス達と、自分の母星を守る為に奮闘するダオスの戦い・・・
当時は、ダオスの背景がほとんどわからなかったので、「そういう人なんだな~」って事で片付けてましたけど、後に出たシンフォニアによって1つに繋がりました( ・∀・)ъ
でもそれを除いても素敵なストーリーだと思います。
何が素敵かって・・・?そいつぁうまく説明できねぇなぁ(ダメやんか_| ̄|○

ToFでこの部分が好きだ!と言うとしたら、クレス達が過去の世界から現在の世界に戻ってくるシーンを挙げます。
ダオスの攻撃から身を挺してクレス達を過去へと逃がしてくれたチェスターとトリスタンを、今度は自分達が助けに行くというシチュエーション・・・
最高です!( ゜∀゜)

もう1つ好きな所はやっぱり雪の街のイベントかなぁ・・・
クレスとミントが少しずつ自分の気持ちを打ち明けていく事によって2人の間の距離がだんだん近づいていくあたりが、とても暖かで好きですね~
総合的に見て勝手にランクをつけるとしたら
★★★★☆星4つです。
足りないあと1つは、当時はダオスの背景がよくわからなかったという事で・・・(;´д`)それ以外は( ・∀・)ъ

正直少し忘れかけている所もあるんですけど・・・ノ(´д`)
あとあまりにも自分の文章力が無い事に気付いたので、うまくまとまってないですが次へ進みたいと思います(;´д`)


戦闘システム
シリーズ化が進むにつれて戦闘システムの名前が複雑になるテイルズシリーズですが、原点となるファンタジアはP-LBMS(プログレッシブ・リニアモーションバトルシステム)です。
まぁ一言で言うと1つのライン上を行ったり来たりして敵と戦うといった感じです。

ファンタジアは前衛で戦えるのがクレスとすずの2人だけであり、他のメンバーは全て後方支援に回ります。しかし、すずが仲間になるのはかなり後半であり、技の破壊力や使い勝手から見ても大抵の人はクレスを使い続けると思います。

前衛がほぼ1人に等しいというだけあり、クレスはテイルズシリーズ中1,2を争うほど様々な種類の特技を覚えます。(タブン)
中には自身の攻撃力や防御力を上昇させたり、HPを回復する特技、さらには敵が侵入できないようなエリアを作り出す特技まで覚えます。
こういった面から、戦闘はクレスを操作する限りかなり楽しめると思います♪
ただ挟み撃ちに会うと一気にピンチの可能性も・・・(;´д`)

ToFでは特技に熟練度と呼ばれる数値がついていて、%で表示されるのですが、100%までマスターした特技を組み合わせてさらに強い奥義を覚えるというシステムです。
序盤はTPもあまりないので、使いづらい特技などは最初の方で苦労しますが、中盤あたりでTPも高くなってお金もたくさん手に入れば特技連打して寝て回復して・・・の繰り返しで結構イケます( ・∀・)ъ
マスターするまでは大変ですけど、それによって奥義を覚えていくのも楽しみの1つと言えますYo!

戦闘の余談ですが・・・自分は魔法や召喚で戦闘を止められるのがあまり好きじゃなかったので、最終メンバーはクレス、チェスター、ミント、すずというPTにしてました。並び順もこの通りです。

他にもたくさん言いたいことが山ほどあるんですけど、あまりに長くなりそうなのでキャラクターの所で少しづつおりまぜながら進もうと思います(;´д`)
自己評価ランクは
★★★★☆またまた4つです
というかどのシリーズも戦闘は高得点になってしまいそうな予感が・・・

キャラクター
ToFはキャラクターそれぞれの特徴がはっきりしてます。以前公式HPで行われた色々なランキングで、チェスター以外のキャラは全員何かのランキングで1位になっています。
また記憶に残る敵でもToFのダオスが1位でした。
メインキャラ1人1人の感想を書いてたら膨大な量になってしまったので追記に移動しました。見てみたい方は後記の最後にある[第1弾テイルズオブファンタジア]の続きを読むをクリックして下さい。
というわけでもちろん自己評価ランクは
★★★★★満点です!
ToFはキャラクターの個性が本当すばらしいですよ!

後記
最初からなんだかめちゃくちゃな流れになってしまって申し訳ございません(;´д`)
ホント、文章書くの苦手で・・・書き始めてから3時間経っちゃったよ・・・
一応最後という事でまとめたいと思います。

ToFは星13/15評価です。最初からかなり高い評価になってしまいましたけど、ToFは一番好きな作品かな・・・ぶっちゃけると(;´д`)
好きじゃない作品から載せていけば?というアドバイスも頂いたんですけど、順を追って行きたいという希望も少しあったのでToFからやりました。
というわけで次回はテイルズオブデスティニーについて書きたいと思います。

最後にお願いというか呼びかけを・・・
見てくれた方の中でかつ、ToFをプレイした事のある人がいたら、俺と同じようにストーリー、戦闘、キャラクターを5段階評価してコメントして欲しいです。他にもよく使っていたPT構成とか・・・
よかったらでいいのでお願いします!(つД`)
テイルズについて語ろうぜ!(爽やかに)
クレス=アルベイン
テイルズレビュー初回からこんな事言うのもなんですけど、俺はテイルズシリーズの中でクレスが一番好きです!
1つは上でも述べた特技に関しての面ですね。次元斬や空間翔転移など、他のシリーズでは到底出来ないような技を使えるという事。また、イベントでアルベイン流最終奥義「冥空斬翔剣」を覚えるのですが、これを発動した時に「負ける・・・ものかぁ~!!」って叫ぶんですよ!
それがまたカッコ(・∀・)イイ!!
とまぁ暴走してますけど・・・クレスの魅力は↑の様なカッコ良さとかもあるんですけど、生き方っていうのかな・・・?
常に明るく、そして自分の信念は曲げないあたりに少し憧れてるのかもしれません(;´д`)マァホドホドニネ・・・

ミント=アドネード
ToFのヒロインで法術と呼ばれる力を操ります。控えめな性格だと思っていたんですが、他人の恋の応援をするためにアクティブに行動するあたり、自分のしたい事かつ恋愛沙汰になると周りが見えなくなる・・・のかもしれないです。
戦闘ではもっぱらの回復役。隊列では2or3番目は必須です。彼女が一方的にボコられる=PTの死を意味します。まぁ滅多な事が無い限りそんな状況に陥られませんが・・・(;´д`)
テイルズシリーズで回復特化のキャラは彼女だけでしょう。(リフィルは攻撃魔法覚えてるので対象外(ナニ))
ミントで止めを刺して勝利のセリフを聞くのは結構至難の技です。Lvが100を越えるあたりから驚異的な詠唱スピードをほこり、リカバーあたりは対象者が状態異常になった1秒後あたりにかけてくれます。
PS版で覚えるチャージとタイムストップはSFC版では覚えませんでした。でもSFC版ではクレスとミントがいればラスボスを倒すのも不可能じゃないでしょう(ぇ
まぁクレスが好きって事はもちろんミントも大好きだ~!!(シャウト)
余談ですがSFC版はC.V.こおろぎさとみ、PS版ではC.V.岩男潤子

チェスター=バークライト
クレスの親友。弓の使い手で性格は影の努力家。
SFC版では彼には特技が一切無かったのですが、それでもLvMAXでは最強の後衛確実でした。
2本連続攻撃できるベルセルクアローだったかな?というSFC版では最大攻撃力の弓があったんですけど、それを装備させればラストダンジョンでも9000↑ダメを2連発してくれるという怪物ぶりを発揮してました。
しかしPS版では・・・特技があるとはいえ、SFC版の1/100くらいの強さになってしまいました(大げさ)
使い勝手は良好です。自分で操作するなら前衛でも特技連打で活躍できるかもしれません。
余談1:SFC版はクレスと同じ声優でC.V.草尾 毅 PS版ではC.V.伊藤健太郎です
余談2:俺がラグナロクオンラインを一番最初にプレイした時、職は弓手で名前は「cheste」にしました。「chester」は先客がいて・・・(つД`)

クラース=F=レスター
魔術を研究する学者。召喚術を使用する為に、自らの体中にイレズミの様なペイントを施している。イレズミなどを使用しなくても魔術が使えるエルフ、ハーフエルフに少し嫉妬している・・・らしい。戦闘では契約した精霊を召喚して戦う。

クラースはまぁ面白い人ですよ・・・何が面白いってまずは武器が本って事ですかね。本で直接攻撃をすると「ハァッ」という気合と共に下からすくい上げるような一撃をお見舞します。防御ももちろん本でします。
とまぁ色々コケにしてますが、すずが仲間になるまでPTの背中は彼がずっと守ってくれるわけですよ!ミントを壁にするなんて事は出来ないですし、アーチェを壁にすると、浮かんでいるせいで下手したらクラースと一緒に妨害されるかもしれない危険があるので、俺はずっとクラースを壁にしてきました!クラース、君がいたからToFをクリア出来たのだよ・・・(フフリ
すずが仲間になったらほとんど使わなかったのは内緒
そんな彼にもミラルドという恋人がいて、彼の生計を立てるまでの仲だそうで・・・確か大学ではクラースよりも頭が良かったという話だったけど・・・

アーチェ=クライン
ほうき娘。ハーフエルフなので魔術を使う。いわゆるムードメーカー。チェスターをいつもコケにしたりされたりしているが、最終的には恋人・・・?戦闘では魔術を使って戦う。武器はホウキ。

アーチェは見たまんまの魔術使いですね。PTに彼女がいなかったらかなり重ッ苦しい旅になった事間違いないでしょう。最終的にチェスターと分かれる事になるのですが、次に会う時までに50年待たなくてはならないという悲しい運命の持ち主でしたね・・・まぁその後はきっとうまくやっていったでしょう(と勝手に推測)

ふじばやし すず
いわゆる「くノ一」伊賀栗流忍法を使う。SFC版では登場はするものの仲間にはならなかった。感情を殺して育てられてきたという結構悲しい生い立ちの持ち主。

なのですが、最後の方ではそれなりにみんなと打ち解けて、最後の別れの時でも「みなさんとは笑顔でさよならしたいから」と言っていた記憶が・・・
11歳というとんでもない年ですが、PTでは数少ない前衛です(;´д`)
みなさん、彼女を大事に育てましょう・・・(ぇ
戦闘では前衛で活躍できます。特技の数はクレスには劣りますが、中距離でも使いやすいものが多いですね。俺はクレスに飽きる(ゴラ)とよくすずを変わりに使ったりしてました。
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

オレが初めてテイルズをプレイしたのはPS版のTOFだったな~

ストーリー:★★★★☆
オレもダオスの背景はよく分からなかった・・・
戦闘:★★★★★
今までのRPGとは全然違うこの戦闘にかなりハマったw
キャラクター:★★★★☆
ちょっとキャラが少ないかなと
すずが入るのは最後の方だからね

PTはクレス、クラース、アーチェ、ミント
すずが入ってからはクラースと交換

どーでもいいけど殺劇舞荒剣が面倒だった・・・
メインイベントじゃないけど闘技場でリリスとの対決やアーチェのシューティングとか結構面白かったな~w
2005/09/05(月) 15:53:52 | URL | ショー #OtuwXifg[ 編集]
最後まで読んでくれて本当にありがと~(つД`)
略してマジあり~(爆

ショーさんも13点(?)か~
戦闘についてだけど、確かに今までになかったような戦闘システムだったよね!
俺もそのお陰でToFにハマったよw
キャラクターは・・・確かに6人は少ないような気もするかも(;´д`)
まぁその分それぞれが引き立ってたって事で・・・(ナニ

>すずが入ってからはクラースと交換
やっぱりクラースはどこへ行っても外されてしまうんだねぇ・・・(フフリ

殺劇舞荒剣あったねぇ。あれを発動してる最中に後衛に魔法を使われるとタイミング狂っちゃって途中で止まっちゃうのさ~
それが嫌だったからチェスターとすずをメインに使ってたのさベイベー!
(そんな理由かょっとか言われそうだけど、本当にそんな理由です)

リリスやシューティングの事すっかり忘れてた・・・(;´д`)
アーチェのシューティング1回やるとハマっちゃうんだよねぇ( ゜∀゜)

最後に、ショーさんはすずがお気に入りと・・・メモメモ...φ( ゜-゜)

コメントのレスもなんかむちゃくちゃだけどまだ第1弾だし、がむばります!
2005/09/05(月) 20:32:34 | URL | かずのこ #o2H7GlaU[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 
第2弾 テイルズオブデスティニー◇ ◇昨日のレビューが(個人的)面白かったので・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。