上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追記に各キャラのコメント載せました~

昨日ネタが出来たんですけど、やっぱ最後くらいさっさとやらなければいけないという事で、今日はテイルズオブリバース(以下ToR)について書きたいと思います。

ストーリー
(テンション上げて)いきなりですが!リバースの文字はRebirthであり、裏返しのReverseではありませんので!テイルズ知らない人に「リバース」の名前を言うと、たいていの人は嘔吐する真似をしますが、チガウッテノ!ヽ(`д´)ノ
その名の通り、近作は「Re birth」つまり再び誕生するという事で世界再誕の話がメインです。

・・・まぁこれを去年のゲームショーとかで聞いたとき、シンフォニアの世界再生とまるかぶりじゃん・・・(´д`)
とか思ってしまいました。
まぁそれは置いといて、ToRのストーリーなんですけど、どうしても嫌な部分があります。それは
ヴェイグがクレアヲタな所ですノ(´д`)
ヴェイグのセリフの9割以上が「クレア」だったんじゃないかみたいな勢いで作品中ずっと「クレア、クレア」言ってましたな!サレという敵キャラがクレア、クレアうるさいみたいな事言ってたんですけど、
よく言った!と内心思いました( ´_ゝ`)
そのクセ、クレアの方は断然大人びていて、ヴェイグももう少しクレアを見習えってんだゴルァ!ヽ(`д´)ノ
ヴェイグ、黙ってればカッコイイんだけどな~、惜しい事をした・・・

世界観は、今回はヒューマとガジュマという2種類の種族が存在する世界という事で、今までには全くなかった設定だったので新鮮でした。その2つの種族がなんか仲悪くなって、ケンカがでかくなりすぎちゃったせいで変な空間が生まれちまったよ!やべ!それ消さないとやばくない!?ってあたりがヴェイグ達の行動です。はい、適当です。
2種族間に不穏な空気を漂わせた原因が「思念」というものらしく、その思念を浄化するために世界各地の「聖獣」と呼ばれる神様みたいな者に力を貸してもらうという部分もあったんですが、あぁ、シンフォニアの世界再生だな~とここでもあらためて思いました(;´д`)

ただ!↑ではあまりよくないような事ばっかり書いてますけど、
ToRはアニーに尽きる!!
アニーは最初はユージーンに自分の父親を殺されたと思っていたけど(まぁ実際そうでしたが)、ユージーンと行動を共にするうちにだんだん気持ちに変化が表れはじめます。砂漠でアニーが病気になった時、ユージーンが積極的に行動したんですが、その後にアニーがぼそっと「ありがとう」ってユージーンに言うシーンとか好きです!←暴走気味
さらに、アニーが聖獣の試練を受け終わった後、ユージーンへの誤解が完全に無くなり泣きながら謝るシーンとかもう大好きでしょうがありません!( ゜∀゜)=3

というわけで、自分はアニーだけでToRはおなかいっぱいなのでありました(ナニ

ミニゲームについて
今作のミニゲームは1つだけ最悪なものがあった・・・それは!
パニックドリーマーだ!!
って誰も↑の正式名称なんて覚えてないでしょうけど、夢のフォルスって言えばわかるかな?
あれは一言で言うと無理!あれを全部クリアする間にバイオハザードを何週クリアできるんだよ!みたいな感じで難しいです。かく言う自分も最後までクリアしてません・・・もう2度とやりたくないゲームです。

闘技場が今回は無いんですよ~(つД`)
前作までの技が使える装備をもらえたりはしたんですけど、キャラは一切出てこなかったですね。ちょっとザンネン・・・

というわけで、ToRのランクは
★★★★☆4つだ!
アニーってだけでもう十分です( ・∀・)ъ
ヴェイグがもうちょっとまともな青年だったら5にしたんだけどなぁ・・・

戦闘
ToRの戦闘システムは3L-LMB(スリーラインリニアモーションバトル)システム。従来のLMBのラインが3本あって、そのラインを言ったり来たりしながら戦闘するシステムですね。
ToRも戦闘はなかなか面白かったですね。ToSと同様、主人公だけでなくほかの前衛キャラもそれぞれの場所で戦っているし、戦闘開始時は味方、敵と別れているのですが戦闘が始まるともうごっちゃまぜでまさに乱戦って感じでした。
最初のうちは自分だけダメージをたくさん受けて、CUPは結構ダメージが少ないので、「CUPの方がうまいのかよ・・・!」と凹んでました。

まぁ慣れてくればそんな事も無く、ラインを上手に移動して敵の攻撃を避ける事が大事ですね。CUPは何かとライン移動するのが好き(?)みたいだったのでダメージも少なく済んだのでしょう。ToRは回復役による回復が皆無に等しいので、いかにHPを減らさずに闘うかという事が重要です。

ラッシュゲージ
ラッシュゲージはそのキャラのテンションみたいなものなんですけど、これも結構重要でしたね。ラッシュゲージを上げると与・被ダメージが増加し、HP回復量が減る。ラッシュゲージが低いとダメージは下がるけど回復量があがるといったところですね。
まぁ大抵はラッシュゲージMAXで闘ってましたけど
MAXなら敵の防御をほぼ貫通できるというメリットが大きかったです。逆にアニーみたいな回復役はラッシュゲージを常に低く保ったりしてました。
このシステムも最初はよくわからなかったけど、最終的にはこの場面では上げよう!とか、ピンチだから下げておこう!という風に使い分けたりするのが面白かったですね( ・∀・)ъ

エンハンス
エンハンスはToD2のリファインみたいなもので、武器に特性を付与すると言った感じです。正確には武器の隠された能力らしいんですけど
そんなものは知らん

内容は大体一緒で・・・と思いきやそうでもなかったり。攻撃力増加や状態異常なんてのももちろんあるんですけど、ToRでのTP的扱いであるフォルスゲージ(FG)を全回復とか、敵のRGを-30するとか、はたまた攻撃力32倍とかとんでもないものまでありました(;´д`)
これらは攻撃するたびに発動するわけではなくて、低確率で発動するわけですけど、やり方によっては発動確立を限りなく高くする事ができるらしいので毎回32倍ダメとかもできるらしいです。もうBossも瞬殺ですね。
防具にも攻撃にのけぞらないとか、防御した時にHP回復とか・・・後者のエンハンスが毎回発動したら死ぬ事は無くなりますね
まぁその能力が覚醒するまでが大変なんですけど・・・

秘奥義
前衛1人と後衛1人が組んで1つの秘奥義が発動するので、合計9種類の秘奥義がToRには存在します。敵にとどめを刺す時にしか使えません。見た目は相当派手です。
俺はマオとティトレイの秘奥義、紅蓮天翔が好きだな~。ティトレイの「今だっ!俺は鳥になる!」ってのがおもろいw
発動する秘奥義がランダムなのが残念だけど、気分爽快なのでとても気持ちいいです( ・∀・)ъ

フォルスキューブや隊列は割合( ´_ゝ`)
というわけでToRの戦闘システムは
★★★★☆4つだ!回復手段がアイテムに依存してしまうのがちょっときつかったかな(;´д`)
アニーの回復とかあまり役に立たないんだもん・・・
でも総合的に戦闘は面白かったYo!ToRは後衛を操作しててもそれなりに楽しめるネw

キャラクター
ふと思い出したけどシンフォニアの追記にキャラクターの事書いてなかった・・・_| ̄|○
気が向いたらやろっと・・・

ToRで好きなキャラはマオとティトレイとアニーとユージーンDA!!!って4人もかょ!
ガジュマがユージーン1人だったってのがちょっと残念だったな~。まぁガジュマって印象強いけどね・・・せめて2人くらいは・・・
キャラクター数は今回6人でしたね。俺はこれぐらいがちょうどいいかも(;´д`)
8人いると育成が大変で・・・友達に聞くと結構固定パーティーでプレイしている人が多いらしいんですけど、自分は全員均等にプレイした人なので万遍なく使ってます。まぁここら辺は追記に・・・って本当に書くかどうか不安(´д`)

というわけでキャラクターは
★★★★☆4つなのだぁ!
ToRはアニーにt(ry
ヴェイグはクレアヲタだし、クレアはあまり目立ってないし・・・アニーがヒロインだったら良かったのになぁ(´3`)

後記
このショボイテイルズレビューもついに最後までやってしまったわけですが、いかがでしたでしょうか?(恐いので返答は聞きません)
まぁ自己満足プレーだったのでさらっと流しながら読んでくれれば幸いです。

というわけでToRの総評を
ストーリー ★★★★☆
戦闘    ★★★★☆
キャラクター★★★★☆
星12/15だねぇ・・・結構好評価w
リバースは結構好きだぎゃ。ぶっちゃけ2番目くらいに好きかも・・・1番はそりゃアンタ、ファンタジアで・・・まぁここは人それぞれか。って今見たら星の数はエターニアの方が多いし。ううむぅ、わかってはいたが結構曖昧だぞこれ・・・
まぁこんなところでテイルズレビュー終わりにしたいと思います。
やる気あったら全体の総評みたいなのします!おつかれっした!( ゜д゜)ノ
ヴェイグ・リュングベル
ToRの主人公ですな。↑でも述べた通りのクレアヲタです。ヴェイグとクレアのエピソードがあまりわからないのですが・・・なんだったかな?
両親がいないヴェイグを引き取ったのがクレアの両親で、そんな中クレアと仲良くなったって事かな。ヴェイグ自信はクレアを妹のようなものだと言っていたけど、実際はそんな風には見てなかったですね。
初見の時はウッドロウに似てると思いましたね。静かな雰囲気も似てたし。
戦闘ではもち、前衛。なんかヴェイグには剣っていうイメージがあまりわかないんだよな~。どっちかっていうと弓の方が似合いそうw
攻撃は範囲は狭いけど使いやすいものが多かったので使いやすかったですね。ただ、幻龍斬で敵のど真ん中につっこんで袋にされるみたいな事もありましたけど・・・(;´д`)
防御力もそれなりだったので、さすが主人公!使いやすい!
これでクレアヲタじゃなかったら・・・(シツコイッテカ

マオ
聖獣が人間の世界を見るために生まれた存在ですな。常に明るいあたりがgood!最初ヴェイグとユージーンの3人で旅をしてたあたりは、スキットにもあったけど盛り上げるのに相当苦労したと思います(;´д`)
戦闘では後衛担当。後衛の割りに足が早い上、Fエンチャントでダメを2倍に出来るので何気に前衛でもいけるかな?でも大抵は後衛の方が活躍できますな。プレイヤー操作時でかつ、敵が火に弱い敵だった時にはFエンチャントと属性により、ダメ4倍をたたき出す事ができるので最強の前衛になります。まぁ敵が火に弱かった時だけね・・・

もち術でも大ダメは期待できます!ディザスターロアーの発動前のセリフとかすごかったですね。
「どこでもいいからなぎ払っちゃえ~!」みたいな。お前は巨神兵かょ!
マオは一応火属性メインっぽかったですが、風の術のフィアフルストームが範囲広くて使いやすかったです。やっぱ後衛を操作しててもおもろいよ、リバースは( ・∀・)ъ

ユージーン・ガラルド
出ましたよユージーン!!俺のROのモンクはこいつの名前から取ったの事は言うまでもなく( ´_ゝ`)
まぁ完全に槍使いなのでそこら辺がちょっとイタイところですが・・・何がいいかつったらやっぱ黒豹って事で・・・獣人好きなものですから( ゜-゜)
世界の異変を早々に感知し、調べるためにマオを連れて国から旅立ったわけで。PTでは全体のまとめ役でしたな。ガジュマはちょっと頭がイタイという設定だったらしいですが、それは昔の事だったらしく、ユージーンは結構賢いイメージがありましたノ(´д`)
戦闘ではもち前衛で、肉弾戦なら間違いなく1番なのでしょうが、術攻撃にめっぽう弱いって事が最大の弱点ですな。攻略本によるとHP回復力もかなり少ないとの事で。そういわれればユージーンは結構ピンチ場面が多かった気もします。それでも強い事に違いはありませんでしたな。

2週目はずっとユージーンを使っていたのですが、大振りな割りに結構使いやすかったですよ。特技が範囲が広くて使いやすいのが揃ってるのが(・∀・)イイ!!
最後に覚える迅雷天翔撃(でっかい鋼を落とすやつ)が、コンボにつながらないものの、範囲や威力がでかくて使いやすかったです。ラスボスもこれだけで倒した記憶が・・・(;´д`)

アニー・バース
アニーはねぇ、いいねぇ~(変態か)
ストーリーのよさでは↑で大体語ってしまったのですが・・・性格ちょっと控えめなところがあるのですが、きっとお喋りは大好きだと思います。日記書いてたくらいだし、色々言いたいことはたくさんあったと思われ( ´_ゝ`)
マオも彼女が来てからきっと救われた事でしょうw

戦闘では・・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
回復役としてはあまり役に立たない・・・回復方法が魔方陣の中で待機だなんて・・・しかも回復もすこーしずつだしさぁ。とは言っても、陣術発生時にその場に居合わせて、かつ回復したいキャラのラッシュゲージが結構低めだった場合には結構回復した気もする。つまり、陣術発生は味方の近くでやれ!って事ですな。
アニーは回復よりもサポート重視で見たほうがいいかも。チャージ・ヴィント(FG回復)は常に発動しておいて欲しいし、レジスト・ヴィレ(術防御上昇)はBoss戦では何気に効果アリ。
それにアニーはHP低いけど、陣術を使うことやHP回復力が高い事から何気に生き延びます。敵の攻撃が激しい戦闘でもアニーだけなんで体力全快なんだよ!?みたいなw
なので、もし仲間が死んでもR・エリキシルで即効生き返らせるなんて事も結構ありました。特にBoss戦でですね。なので、アニーは攻撃は全くしないけど、敵の殲滅に時間がかかるという事はなかったように思います。むしろアニーがいれば殲滅が早い?的な・・・

余談:何気に攻撃力高いよね、アニーって・・・まぁ殴ることはほとんどないけど。

ティトレイ・クロウ
ティトレイはこれこそモンクですな。モンクとアチャを混ぜた感じ。キャラはマオに劣らずポジティブシンキング!ただ姉貴ヲタでしたけど・・・ヴェイグがクレアヲタかと思ったらこっちはシスコンかよ・・・
でも、ティトレイはちょっとヒルダといい関係だったような気もするからヴェイグよりはマシか。人として。
戦闘では前衛ですな。殴り系の定番として手数が多いのでコンボに最適♪ただ殴り系の定番としてリーチが短い(;´д`)
FG回復速度が半端ないので、特技はそれなりに連続して出す事が出来ます。ただ防御面が他の前衛に比べると弱いので、術を使う敵が多いところではヴェイグ&ティトレイ、打撃が強いところではヴェイグ&ユージーンをチョイスするとgood!
ティトレイは反撃の間もなくゴリ押しするか、慣れないうちはヒット&アウェイがよさげ。
自分の感想としては、ヴェイグよりもティトレイ操作してる方が戦闘が面白かったw

ヒルダ・ランブリング
ヒルダはヒューマとガジュマのハーフ。初見ではオバサンだな~と思ったけど、年齢を見たら当時の俺と同い年の21歳・・・_| ̄|○
てことは俺はおじさんか・・・( ´_ゝ`)フッ
てな事は置いといて・・・ヒルダは最初は自分をハーフに産ませた両親を恨んでいましたが、最終的に母親の死や聖獣の試練を越えて今の自分に誇りを持てるようになりました。ぃゃ~ここら辺もなかなか良かったね( ・∀・)ъ
戦闘ではもっぱらの後衛。足遅いし、タロットを投げる攻撃もリーチはあるものの使い勝手はよく無いです。しかし、術の威力は最強。効果範囲が広いものも多いので、頼りになります。ただToRでは↑で述べた通り乱戦に近いので、後衛にも敵がグングン寄ってきます。マオは足が速いし、アニーもそれなりに敵から逃げる事は出来るのですが、ヒルダは厳しい!足遅すぎ!ヒルダが狙われてたら前衛が助けに行ってあげないと術が発動しないので前衛もピンチになり、悪い事づくしです。
ヒルダには必ずボディーガードをつけましょう( ´_ゝ`)
そうすれば、かなりの火力になります( ・∀・)ъ

ToRでのベストメンバーを上げるとすれば誰かな・・・
ザコ敵ならヴェイグ、ユージーン、マオ、ヒルダ
Bossならヴェイグ、ティトレイ(orユージーン)、マオorヒルダ、アニーですかねぇ
Bossの属性と主な攻撃方法によってorの部分を変えます。Bossではアニーのサポートは重要だと自分では思います。
まぁ、こんな事いっても大抵はバラバラに使ってますけどね( ´_ゝ`)
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 
久々のRO~ヽ( ´ー`)ノ◇ ◇根本的に何か違う・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。